東北大学モダンジャズ研究会のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ベースの阿部です。
ジャズ研で取り上げるのもアレなんですが、ビッグバンドでご紹介をいたします。



Rhythm Section:
Harold Danko p
Robert Bowman b
Mel Lewis dr

Trumpets:
Earl Gardner
Al Porcino
Lyn Nicholson
Frank Gordon
Thad Jones

Trombones:
Earl Mc Intire
Clifford Adams
Billy Campbell
John Mosca

Woodwinds:
Larry Schneider
Edward Xiques
Jerry Dodgion
Greg Herbert
Pepper Adams

Thad Jones と Mel Lewis のビッグバンドの動画です。
とにかくテナーでソロをとっているLarry Schneiderがすごいです。
あと、昨年沖縄のコンサートでお世話になったFrank Gordonさんも動画内でソロをとっています。

他にもピアノがHarold Dankoだったり
バリサクがPepper Adamsだったりと、メンバーがけっこう豪華です。


サド・メル・ビッグバンドは現在もヴァンガード・ジャズオーケストラに名前を変えて活動しているらしいのですが、上の動画のような70年代のときの演奏と比べるとだいぶ毛色が違うことをやっているような気がします。




例えば昨年末に亡くなられたBob Brookmeyerがコンダクターをやっているこの曲はコンテンポラリー臭が強いですし





ハンク・ジョーンズがゲストのときには割とふつうのビッグバンドみたいなことをしています。


どれもすごいとは思うのですが、僕は個人的には70年代の燃え上がるような演奏が好きです。
極論を言えばLarry Schneiderが好きなだけなんですが

長々とすいませんでした
スポンサーサイト
2012.02.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tonpeijazzken.blog.fc2.com/tb.php/8-c3a726d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。