東北大学モダンジャズ研究会のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ついに新入生バンドが始動しました。

少し遅くなりましたが、課題曲である「Autumn Leaves(枯葉)」と「Straight, No Chaser」の代表的演奏を紹介します。

まずはFブルースのStraight, No Chaser、ジャズの帝王、Miles Davisの演奏です。



この曲以外にもFブルースは数多くあり、様々なミュージシャンが演奏しています。
(スタンダードでは、Bags GrooveやBillie's Bounce等があります)

続いて、枯葉。こちらは超有名な演奏が二つあるので両方紹介します。

まずは、A.Sax奏者、Cannonball AdderleyのアルバムSomethin' Elseのものを



続いて、ピアニスト、Bil Evansのトリオです。前者よりもスリリングな感じがします。



同じ曲でも演奏者によって雰囲気が大きく変わるのもジャズの特徴です。

枯葉は数多くの録音がある超定番スタンダードであるため、これからも様々な音源で出会うかもしれませんね。
スポンサーサイト
2012.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://tonpeijazzken.blog.fc2.com/tb.php/19-ef8ff27c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。